脱サラで勇気はいらない。なぜなら

脱サラ 勇気マインド

脱サラするには勇気が必要だっと思いますが、逆に脱サラ勇気であなたの本音をうかがうと、脱サラ=退社か、脱サラはやめてからすることだっと認識しているでしょうか?脱サラに対するマインドと通常マニュアルな流れについて話します。

脱サラ勇気はいらない

脱サラ勇気はいらない

なぜなら、脱サラは安全にすることです。安定してないと脱サラしないでください。脱サラを目指している方はきっと職場で勤めている方だっと思いますが、色んな理由で辞めたいと思っている方だっと思います。職場をやめたいほど安定したシステムを作らないといけないです。なぜなら、システムが壊れたらまた会社に帰らなければならないです。

脱サラのタイミングの基準は生活費

脱サラということは自分の力で稼げることができないと無理ですよね?だったら仕事辞めるまえに自分が稼げるお金は生活費を超えないと生きていけないです。要するに生活費を安定的に稼ぐときに脱サラすることです。

意外と会社は安定的な場所

意外と会社は安定的な場所

会社で給与をもらうことはかなり安全な状況です。なぜなら雇用契約から守られているからです。日本と韓国は一旦入社すると社員に大きな問題がなければすぐクビにすることが難しいです。だいたいの人は会社からの給与は時間をうる時給です。安定した基本給が脱サラの希望する人の保険です。

保険とは?危ないときのための用意することですよね?独立失敗の保険は会社員としての給与です。

会社員は長くみると安定してない

前述したように会社員は安全ですか?とすれば答えが変わります。

  • 死ぬまで会社の給与で生きていきたい=超危ない
  • 脱サラするまで生活費と独立資金として給与を使いたい=安全

会社に頼る人は発展がない会社のルールによって振り込まれる可能性が高い。世界中はもう30年も同じことで利益を出せる会社はごく一部です。世界は早く変わっていく。

会社員と独立人とどっちが早く変わる世界に生き残るか?考えなくてもわかるし、この投稿を読んでいる方はすでにわかってる状況です。

だから脱サラの勇気はいらない

お金を稼げるシステムを作りには時間と努力失敗が必要です。脱サラの勇気よりもっと必要なものは、仕事超やめたい気持ちです。条件は「会社外で稼げるお金>生活費」 です。やめたい気持ちを持つことで長く続ける原動力が生まれる。

脱サラできるまでだんだん挑戦してたくさん失敗しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました