新人類Phono Sapiens誕生、韓国の世代間ギャップのXYZ世代変化

韓国の世代間文化

スマートフォンを身体の一部のように使う新しい人類

Phono Sapiens

日本に初めて来た頃からジェネレーションギャップのこと考えたことがありました。韓国もそうだけど日本も同じことが起きているのではないのかなと思いまして、韓国のゼネレーションギャップを話します。

韓国の ベビーブーマー世代

韓国戦争後、本当になにもなかった。0から今までの韓国を立ち上げったことは本当に奇跡と言われることです。超高速発展の主役は今現在引退と社会から離れている時代です。

何もなかった韓国を立ち上げたプライドがあり、自分の信念があると思った時代だが今は時代を変化を順応しているようです。

X世代、 ジェネレーションX

ジェネレーションX: Generation X)、X世代(エックスせだい)とは、アメリカ合衆国において1960年代初頭または半ばから1980年代に生まれた世代のことである[1]13th Generation(第13世代)[注 1]とも呼ばれる。

wikipedia

日本のX世代が韓国のベビーブーマー世代みたいに日本の全盛期を経験した時代と思います。

韓国のX世代はベビーブーマー世代から高度成長の社会と文化をそのまま受け継いだ世代です。韓国の高度成長は製造から生まれた形態であり、先進国の製造技術をそのまま持ってきてベンチマーキングする形で成長してきました。

  • 韓国の儒教思想とともに、上から言われたとおりの社会慣習が学習された世代
  • 現在韓国で最も豊かな世代であり、幼い頃から韓国が高度成長するのを見てきた世代

Y世代、ミレニアル世代

ジェネレーションY: Generation Y)、Y世代(ワイせだい)とは、アメリカ合衆国などにおいて1980年代序盤から1990年代中盤(または2000年代序盤)までに生まれた世代のことである[1][2][3]インターネット普及前の時代に生まれた最後の世代で、幼少期から青年期IT革命を経験したデジタルネイティブの最初の世代でもある。

近年では、ミレニアム(新千年紀)が到来した2000年前後か、それ以降に社会に進出する世代という意味で、ミレニアル世代(英: Millennial Generation)、あるいはミレニアルズ(英: Millennials)と呼ばれるケースが増えている[4][5]

wikipedia

韓国のミレニアム世代は成長が止まった韓国なかで、教育競争、厳しい就職活動、高くなった家、一番貧しい世代だっと言われています。

三放世代朝鮮語:삼포세대(三抛世代))とは、2010年代以降の韓国における、恋愛結婚出産を放棄(抛棄)している若者世代のこと。韓国国内で増大する低賃金かつ不安定なワーキングプアの産物であるとみなされている。かつて「88万ウォン世代」と呼ばれていた階層の新たな呼称である。

wikipedia三放世代

三放世代 :「恋愛」「結婚」「出産」
五放世代 :「恋愛」「結婚」「出産」「就職」「住宅」
七放世代 :「恋愛」「結婚」「出産」「就職」「住宅」「人間関係」「希望」
九放世代 :「恋愛」「結婚」「出産」「就職」「住宅」「人間関係」「希望」「健康」「学業」

ジェネレーションギャップがひどい世代

親の時代のベビーブーマー世代と社会では上司の時代X世代からの世代差を感じるんです。

高速成長時代には当たったものがミレニアル世代に入ってからは当たらなかった。 しかし、 上の世代はそれを理解せず、 従来の成功方式をそのまま注入しただけだ

ベビーブーマー、X世代 VS ミレニアム世代、Z世代

Z世代

幼児期から電子機器を使って育ってきた世代で、スマートフォン中心に生活習慣を持っています。

ミレニアム世代とは少し違う特徴を持っており自分の個性を最も重視する世代だ

ミレニアル世代 vs Z世代:押さえておくべき4つの違いと特徴

Iphoneから始まった時代革命

今の世界ではスマホがないと何もできない時代が来ました。スマホで情報をすぐに見つけられる時代、暗記中心の教育はもはや役に立たない。暗記中心の詰め込み教育をした世代は、 この変化に追いつけずにいる これは日本も同様といえる

人間は変化を嫌う

韓国の場合、既成世代の政治的性向、人脈重視に性格で新しい産業について規制をしている状況だ。 代表的な例がまさにゲームだが、勉強を邪魔するゲームを社会悪と見ているのが、韓国の国の既成世代に現実だ。

一時は”IT強国”と自画自賛する韓国は、数多くの規制によって企業は海外に進出し、新しい価値を作るための挑戦は、法的な制裁で何度も阻まれてきた。

これまで米国、中国を中心にIT革新が起き、世界は変わっていた。

FAANG、巨大IT企業

FAANG(ファング)は、FANG[注 1]の拡張語である。アメリカの大手IT系企業5社であるFacebookAppleAmazon.comNetflixGoogleの頭文字を1つずつとった言葉でもあり[1]、これらの企業の総称でもある。

wikipedia

FAANG共に中国のアリババグループ、テンセント いろんな巨大IT企業が参上しました。

すべて、スマホなしではこんなに大きくならなかった企業です。過去の製造中心からスマートフォン中心事業に変わりつつある

スマートフォン時代の主役はミレニアル世代

幼い頃からゲームが好きだった時代はゲームで仮想現実を経験し、急激に変化している技術をすべて消費している世代だ。ゲームのような仮想のつながりを理解し、それを技術的に具現化できる世代がミレニアル世代だ。

スマートフォンを最も活用する世代は”Z世代”、つまりミレニアル世代の事業に最大顧客はZ世代だ。

第4次産業革命は単に産業革命だけではない。

Iphoneが我々の生活を丸ごと変えたように、我々の社会も急変するだろう。 すでに急変する社会を経験している。 AI、量子コンピューター、ブロックチェーンなどの先進技術が私たちを変化に渦に巻き込んでいる。 これをまともに適応して学んで新しい価値を生み出すことで生き残ることができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました