転職が自然な時代が来ないといけない

転職理由仕事

日本にはとてもよくなくて古い習慣があります。 それは転職に関する柔軟性が不足しているのですが、社会新人は当然力がないので、仕方なく3年間持ちこたえる場合が多々あります。 日本の未来のためにも既成世代がしっかりしなければならないのに、ますます30~40代にも伝染するという事実が残念です”

韓国の転職はどうか?

韓国も日本と似ているが、日本よりはまだ柔軟だ。 その代わり、韓国の中小企業の場合は、大企業と賃金と福祉の差が大きいため、中小企業から大企業に行くケースはほとんどない。 大企業から中小企業に転職するか、中小企業から中小企業に転職する場合がほとんどだ。 中小企業は曖昧な経歴職も好む

韓国人の見た日本の転職状況

日本のIT業界の場合は若い。 2年間転職しながら本人の年俸を上げる場合が多く、賃金上昇幅も高い。 当然、一つの会社で長く働く場合、賃金上昇は凄惨な水準だ。 若者の多い業界の場合は転職が頻繁で、歴史の長い企業はいまだに”腐ったマインド”が残っている。 一つの会社で3年以上持ちこたえなければ、人の役割を果たせるのか。 という意見なのに、だから日本が停滞しているのかもしれない。 すでに時代は急速に変わりつつあるが、日本の既成世代は非常に変化が遅い。 最近の若い世代は、そのような大人になりたがらない。 一社のために忠誠を尽くすのはよくない考えだ。

従業員を守れない会社

終身契約とはもうなくなって久しい。 いくつかの大手企業は、社員に副業を推薦する。 “非常に良い変化だと思う。 会社でいつ解雇されるかわからない時代に、本人がご飯を食べて生きる方法を自ら育てなければならない。 会社という垣根は丈夫ではない. 40~50代になって退職後に何もできない大人になりたくなければ月給ではなくお金を稼ぐ方法を知るべきだ。 しかし、日本は人口対比創業率が本当に低い国であり、完全雇用に近い比較的安定的な就業機会が暗い未来を示している。

本当にしたいことを知らない若者

最初の会社が本当にやりたいことをやっているかどうか知る方法はない. 経験ができなければいいか分からないからだ。 私の例えば韓国と日本を生きてみた人としてどんな面で韓国がいいか日本がいいか分かる。 生きたことのない人は、どれがいいのか全く分からず、間違った情報だと考えているのを見ると、心の中では残念に思う。 仕事も同じだ。 あちこちで仕事ができなければ、本当に私が望んでいた仕事をできずに退職することになる。 今の既成世代を見ろ、家族のために犠牲になったが、いざ自分のために何をしたのか。 私がしたいことはしたっけ? 満足な人生だったのか。

私はビジネスをしたくて移り歩いている

私は一つの会社で2年ほど働くと、新しい分野に転職します。 完全に新入で行く方です。 当然、給与も少ないし、いつも末っ子扱いですが、むしろうれしいです。 新しいことを学ぶ喜びがあるからです 普通の人も40代が近くになると、リポジションをする時が来ると話しています。 様々な経験を組み合わせて私の事業に役立つよう経験を積んでいきます。

古い習慣を捨てられない臆病者

普通、離職を嬉しい気持ちでする人はいません。 現在の状況が気に入らなかったり、危機感を感じたら転職を準備します。 そうじゃないんですか? 良い会社の場合はずっと留まろうと思います。 逆に今、会社が嫌いで他の会社に逃げた場合、転職しても決してよくなることはありません。 状況が良くない理由はすべて本人がしているからです。 新しい挑戦をしなければ淘汰されます。 水が腐るように自分の人生も腐ります。 会社でさせることでなければ、何もできなくなる人になることもあります。 新しい挑戦を怖がると、後で後悔することになります。 以前は大丈夫だったかもしれませんが、今は違います。 未来はさらに変わります。

日本はいつ変わるのか?

いまだに古い慣習を捨てられない企業は、時代の変化に追いつけず、徐々に滅びていく。 それでも日本は伝統ある会社が多いのが珍しい構造だが、だんだん技術に侵食される場合がほとんどだ。 楽天も新世代だが、すでにアマゾンにシェアを奪われている。 Line、ヤフー、グーグル、アップルも海外企業だ。 日本の革新は止まってしまった。 トヨタの場合も電気車が商用化されればテスラに主導権を奪われるかも知れない。 明治時代には海外文明をうまく取り入れたが、もはや変わらないのはバブル時代を経てからは、日本に対する自負心なのか日本らしいことが最高なのかと思っているのか、もはや新しいことがない時代に既得権者たちが本人の権力を逃したくないのかもしれない。

第4次産業時代の勤務環境

近年、コロナウイルスの影響で在宅勤務の必要性が台頭してきた。 しかし、自宅にWi-Fiやパソコンがない環境で在宅勤務ができない状況だというニュース報道を見た。 世界第3位の経済大国なのに、このように整っていないことに驚くばかりだ。 ますますクラウドワークや柔軟な働き方が出てきている。 私の場合はむしろ良いと思ったが、このような良いシステムを利用できない古い会社は、無駄な固定費用で金を浪費している。

MY世代の適合型雇用

学歴、年齢、性別を念頭に置かないブラインド採用、雇用形態に制約のない協業。 世の中は次第に水平的な構造に自由に企業文化が変わりつつある。 古い企業はいまだに職級を重視し、垂直的な組織でもはや革新というものは出てこない状況になり、淘汰されてしまう。 既成時代らが働ける時間は短い。 若い血を輸血するためにはもっと変わらなければならない。 “企業自らが変わらなければならないのに、仕事のやり方の改革で無理やり変わっているようで残念だ。 それでも変わるのはいい現象だ。

雇用契約はあなたを守ってくれない。

再び会社員の立場に移れば、時代の変化の中で雇用契約をすれば雇用が保障される時代は過ぎ去った。 企業が柔軟になるということは解雇も自由にでき、正社員ではない形で会社に責任感も下げるようになった。 それで、会社員たちは本人の価値を結果に作り出さなければなりません。 米国の場合、本人の力量で成果を出せなければ解雇される。 恐ろしい競争社会であり、それほど他に行く機会が多いということは良いことなのか悪いことなのか分からないほどだ。 入社機会は多いが、本人が本当に競争力のない社員なら捨てられるのも同じだ。

結論

雇用が徐々に柔軟になっていくにつれ、1つの会社に長くいる理由もなく、そうするわけにもいかない。 代わりに、自分がどこにいても認めてもらえる能力を自ら養わなければならない。 これからは能力のある人はより多くのお金を稼ぐだろうし、能力のない人はどんどん悪い環境で生きていくことが私の見解だ。 自由に転職をしても良いが、どこにいても本人が目立つほど能力を養え。

コメント

タイトルとURLをコピーしました