【脱サラ 起業】今の時代におすすめ種類10つ

経済的な自由

脱サラの究極な目的地は企業かもしらないですね。(個人事業主も統一します)普通の会社員からスタートすることを仮定します。

脱サラのために起業するときにおすすめする起業の種類

脱サラのために起業するときにおすすめする起業の種類
  1. プログラマー(ウェブ、アプリ、ソフトウェア開発者)
  2. 作家、旅行作家、代筆作家、校訂、編集者
  3. デザイナー
  4. 各分野の専門家(ネット上コーチング)
  5. 講師(ネット上)
  6. 投資家
  7. 動画編集者
  8. 提携マーケッター、ネットマーケティング専門家
  9. グローバルセラー(アマゾン、イーベイなど)
  10. ブロガー

上記の共通点はネット上でできることでおすすめする理由は簡単です。ネット上にできことで副業から始まることが可能です。

何故、副業から始まらなとだめですか?

副業から経営・営業の練習が必要です

脱サラします!として今すぐ社会人→起業家になることは危険です。経験ある40~50代なら大丈夫か?日本はよく知らないことで韓国では40~50代の退職後の起業市場は墓場になりました。副業から始まりどんどん収入の増やすことが重要です。自分の力で生活できるぐらいなら脱サラの決めても遅くないです。

脱サラ起業の種類

プログラマー(ウェブ、アプリ、ソフトウェア開発者)

僕も勉強もやっているもので、ちょっと僕と合わないのは少し辛いです。でもオススメno1です。日本でIT職務は数えないほど多いです。申し訳ないですが、PCの補給率と英語の苦手などの理由として、とにかくプログラマーは日本で貴重です。

プログラムはもっとも良い理由

  • ビジネスをほぼ無資本金で作れる
  • アイデアを実現できる
  • 第四次産業革命でもっと広くなる市場

注意点はプログラムでお金を稼げるには実力はむろん営業力を必要です。自分でプログラムで売上を出せるか、外注を受け取ることなど必要です。できれば両方するのが良いです。

作家、旅行作家、代筆作家、校訂、編集者

意外とすぐに副業で稼げる職業で、莫大な収入は稼げないが、良い点がある。 文章を書く能力を育てられる長所がある。 文章を書くことが大事な理由は表現力を伸ばすことができるし、それによって本人がパーソナルブランディング及び営業力を高めることができる重要な能力であるので学んで悪いことはない。

デザイナー

日本に来て驚いたことは、デザイナーに対する待遇があまりにも良くないこと。 当然、能力のあるデザイナーたちは良い給与をもらっているが、ECサイトのデザイナーたちは少ない給与をもらっていることに驚く。 『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか。』 を見たら考えが変わるのに。代わりにデザイナー案件を手に入れるのはたやすいようです。

各分野の専門家(ネット上コーチング)

コンサルは本当に最適化された脱サラ戦略である。 知識資産を運営することほど良い企業方式はないからです。 今すぐできるし、お金が要らない。 誰でもできない差別性は誰でも持っているのでおすすめします。高いレベルの知識を持っていなくても初心者に教えてくれる知識さえあればすぐにでもできるので、最初は少ない報酬でももらっても経験と受講生を増やしていった方が良い。

講師(ネット上)

コンサルティングと似たような脈略だが、先生のような内容で見ることができる。たとえば、私が外国人を対象に韓国語を教えるのと似ている。本人が特化できる知識を動画講座を開いて販売できればベスト。

投資家

投資家は素直にレベルが高い。 経済に対する勉強も多くしなければならず、自分だけが投資戦略を持たなければ投資で成功しにくいのも事実。 私のレベルが低いからあまり教えてあげることがない。

動画編集者

最近、YouTube熱風で企業も沢山参入している市場です。 韓国ではお金を捨てることですが、政府機関でもユーチューブの管理者がいるほどユーチューブを通じた広報が大々的です。動画を制作できれば、今後数年間は飢え死にしないほどで、身につけることもとても簡単。人々は動画編集が難しいと思うが、感覚を覚えるのが大変で、スキルを身につけるのは超簡単。代わり、人気の動画を作るのは別。 技術が全くなくても人気動画を作る人は尊敬する。

提携マーケッター、ネットマーケティング専門家

日本のマーケティング能力はレベルが高い。 おかげさまでマーケットでご飯を食べるにはある程度特異点が必要だがどこへ行ってもニッチマーケットがあるのでターゲットを絞ることが重要。在職中の会社がマーケティングの仕事なら独立できそう。

グローバルセラー(アマゾン、イーベイなど)

ここにある10のうち、 最も裕福になりやすい職種。物販を除外した残りの9は能力を売るものだから今すぐ私の能力がいくらなのか分からなくて人々に売るために営業を地道にしなければならない. 実績が積もれば私の能力の価値は上がる。物販の場合、価格を決めて販売できる。競争に勝てるなら、心配なく脱サラすることが可能。 副業でできるレベルの物販は、アイテムを上手く探す必要がある。韓国で流行っている脱サラ方法

ブロガー

アフィリエイトしようが商材を売ろうが育てておくといいのがブログ。コツコツとやるほど報酬があるので、 考えずにしておくといい種類。ブログに残した私の書き込みは後に私の資産になるものなので細長く細い蕎麦のような副業。SEOと集客能力の販売能力が優れていれば月100万円を稼ぐ人の方がYouTuberより多いように見える。

終わりに

上記10こ以外にも類似した種類の企業は多い。 ポイントは、インターネットで副業として腕が上がり、安定的に稼げるなら、事業体を作る段階に育てることを勧める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました