習慣化のする方法の関連本2冊をまとめ

習慣化の方法習慣化

習慣は成功へのカギ

現在自分の状況は過去自分が選択した行動の結果です

人間はいつも考えて行動すると思いますが、間違っていますよね、

選択の約40%が習慣から行われています。

本、習慣の力 チャールズ・デュヒッグ 

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

ウィリアム・ジェームズ(William James/1842年1月11日-1910年8月26日)は、アメリカを代表する哲学者心理学者の一人

一つだけ僕が話したいのは自分が本当に変わろうとする意志です。自分が“これからは変わるんだ”としない人は神様が来ても無駄です。

習慣化のサイクル

習慣化が行われば自分の体、人生を壊す悪いものから誘惑に振り回されるのが減るんです。

例え、ダイエットする人から習慣化を成功させると体に悪い食べ物を見ても食べなくなるんです。

  • 信号:反復行動には信号があります。何かを思い出せることとか、ご飯の後など
  • 反復行動:習慣です。補償、熱望を把握できれば、悪い習慣を良い習慣に変えます
  • 補償:行動をすることで物理的、心理的な報酬
  • 熱望:脳からほしがる信号の一つ、

例え、アルコール依存症の場合の習慣サイクル

  • 信号:苦しい感情
  • 反復行動:飲む
  • 補償:辛さを忘れる
  • 熱望:慰めたい熱望

この場合だっと、慰める人たちを探せば酒を飲む行為から人との会話することでいい習慣に変えます。この事例が『アルコール依存症 AA』だっと検索すれば出てくる団体です。宗教みたいな感じらしいですね。お互い励まして、話あうことで依存症を治療する。

意志力も習慣

意志力は成功に最も重要なキーワードです。意志力は筋肉のように使うほどエナジーのように減ります。希望できなこととは、意志力も鍛えるんです。

核心習慣

二つのグループを集めた実験で、一つのグループは運動をするように指示し、他のグループでは目標貯蓄額を設定して消費を減らすように指示した。 やむを得ない支出は記録しろと言った

運動をしたグループは当然体調がよくなり、 貯蓄したグループは財政状態がよくなった。

ところで両方とも喫煙量、 ジャンクフード、 カフェインの摂取量が多い 職場と学校で生産性が増した. 人生の一部で意志力の筋肉を強化すると、 食習慣と働く姿勢に肯定的な影響を与えた

1つの核心習慣を変えることで、つまり意志の強化によってすべてに影響を及ぼす

いい習慣を身に着ける4段階の法則

  • 反復行動を探せ
  • 色んな補償で実験してみる
  • 信号を探せ
  • 計画を立て

反復行動を探せ

変えたい習慣を探しましょう、本の例を使いましょ。食事後カフェでクッキーを買うを習慣の人がいます。

色んな補償で実験してみる

いろいろな補償でテストする理由は熱望を探すためです。心理学者でもないわれわれがクッキーを習慣的に買う脳からの信号を分かるのは難しいです。

カフェでクッキーを買う 習慣の変わりにできるもの

  1. カフェでコーヒーを飲む
  2. 散歩する
  3. リンゴを買って帰る
  4. 仲間と話する

実験後、紙に頭に浮かぶ素直な感情を書く、なんでもいい

そして15分後にまた自分に聞いてみなさい
まだクッキーが買いたいのか?”

もし、4番仲間と話するときにクッキーを買いたい気持ちがなくなった時に考えれる熱望

  1. カフェでコーヒーを飲む :カフェに行きたい(x)
  2. 散歩する:時間つぶし(x)
  3. リンゴを買う:お腹が空いて (x)
  4. 仲間と話する:寂しいさで代わりにクッキーを買ってた

信号を探せ

熱望を探してたら、どの信号がきたら、クッキーを買いに行くのか?

習慣の信号はほぼ下記の5種類に属する

  1. 場所
  2. 時間
  3. 感情状態
  4. 他人
  5. 習慣の直前の行動

習慣の衝動を感じる時の下5つを書いてみなさい

3日間例

1日目

  1. 場所:事務所
  2. 時間:14:00
  3. 感情状態:つまらん
  4. 他人:何もしない
  5. 習慣の直前の行動:ご飯後

2日目

  1. 場所:会議室
  2. 時間:14:00
  3. 感情状態:楽しい
  4. 他人:仕事さてた
  5. 習慣の直前の行動:会議後

3日目

  1. 場所:家
  2. 時間:14:00
  3. 感情状態:だるい
  4. 他人:友達とラインした
  5. 習慣の直前の行動:ゴロゴロ

ここでわかる信号は時間です。14時になるとカフェでクッキーを買いに行くんです。

感情だったら怒っているときにクッキーを買うこともありますね。正確にデーター化して把握しましょう。

計画を立て

いくつかの研究結果によると、既存の選択を他の方向に変える最も簡単な方法は計画を立てることだ。

私は14時になると同僚に近づいて話を交わす

これだけでも十分です。追加で言えば、計画が出来ない場合、次善策を事前に考えておくと助かります。同僚と話せない場合は、他の部署に立ち寄る、 散歩をする. など、良い習慣で意図的に変える計画を立てることが大切です。

習慣はめっちゃちっぽけな行動から始まる

人間の脳は変化をすごく嫌がります。だから習慣と違う行動をすると抵抗が生じます。 皆さんも感じたことと思います。 明日から朝早く起きて運動をする! と言う人は実際、明日の朝になるともっと寝るために昨日の言葉は忘れます。

これから運動をする! と決心を建てた人はまさに1分だけ運動すればいいです。

One Small Step Can Change Your Life: The Kaizen Way Robert Maurer

スモールステップというこのちっぽけな行動はより効果的です。これを同感出来ない大人は残念ながらなにもできないんです。

毎日1分運動も難しいなら毎日30秒運動してくだいさい。

ちっぽけな行動は脳は変化ではなく遊びだっと思われる

毎日1分運動したら、ほかにできる1分運動をさがしたら、時間を増やすべきです。続けていなければ、もっと簡単に減らしてください。

偉大になる小さな行動

  • 恐ろしさを追い出し、創造力を鼓舞する小さな質問を投げかける。
  • 新しい技術や習慣を開発するために、小さな考えを持つ。
  • 成功が保障された小さな行動を時間的にする.
  • 危機に直面した時、小さな解決策を用意する。
  • 最悪の結果をどこのために、自分と他人に小さな報償をする。
  • みんなが無視している小さな瞬間を見つける

一発で変わる、成功するという幻

人はおろかで結果だけみて、勝手に判断します。より分析するのは面倒くさいし、自分には遠い世界だっと決めつけてしまいます。成功する人は成功する小さい事から常に身に付いていると思います。今の自分は過去自分の選択肢で生まれた結果です。人は一日でも数百回以上の選択をしますね。無意識に行われている選択を変えるのは習慣以外にないです。僕が無意識を変えるためにたどりついたのが、この習慣化です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました