才能ではない創造力を鍛える4つのコツ

創造力を鍛えるマーケティング
The Creative Curve 創造力の鍛える4つの方法
The Creative Curve: How to Develop the Right Idea, at the Right Time
Allen Gannett

歴史のひらめきで色んな発明をした人物がいっぱいあります。日本語ではひらめき、 エウレカと言われるものです。

Eurekaはギリシャ語に由来する感嘆詞で、何かを発見・発明したことを喜ぶときに使われる。古代ギリシアの数学者・発明者であるアルキメデスが叫んだとされる言葉である

wikipedia

こんな歴史的な事件で豊かに住めるようになりましたけれども、世界を変えた発明は天才の領域だっと思われて終わることが多いです。

こんな、偉大な発明、この大いなる発明は、創造力こそ後天的な努力で可能だというのがこの本の主張です。 私もそう思っていますし、どうしたらいいのか調べてみましょう。

創造力が必要な人向けの20字まとめ

WHO? 企画を為すべき人、特別なアイディアを出さなければならない人、 新しいものを作るクリエイター
だったらコンテンツを企画するためにこの本を選びました。
問題点/願い 優れたアイデア、ひらめきの実体
目標質問 優れたアイデアを出したい人はどうやって創造力を発展させるのか?

創造力とは後天的に鍛える能力だ

3Q?Why?What?How?

WHY? 創造力とは後天的に鍛える能力だ

  • 創造力は十分に成長できる。
  • 才能という言い訳をする理由は人は努力したくないから
  • あなたも十分できるものだ。ただ決して簡単ではない。

WHAT? 創造力とは後天的に鍛える能力だ

  • 時代的なアイデアにはCreative Curveに属する。
  • 親しみのあるものは新しく、新しいものは親しみやすく!
  • シャワー、ラーニング等ひらめきは何もないときは起きれない。

HOW? 創造力とは後天的に鍛える能力だ

  • 1万時間の誤解目的ある練習が必要。
  • 世の中には完全、新しいものはない模倣から。
  • 諦めない忍耐力、反復!

クリエイティブの神話

本ではモーツァルトに関する内容が出てくるが、モーツァルトのたゆまぬ努力に対しては見逃し、神の賜った才能として美化された。

ハリー·ポッターの作家J·K·ローリンは突然霊感を得たが、 それを本に書くのには多大な努力と徹底した計画があった

才能と1万時間の法則に関する誤解

人は”才能”という答えで自分の可能性を断ち切る。 人々は変化を恐れ、 私にはできないと断定する

万時間の法則のマルコム・グラッドウェルは、大衆たちが知っている事実と違うと言う

反復的に1万時間にすることではなく目的ある練習が重要である

目的ある練習とは?

簡単な例で運転がある。 運転で1万時間をしてもカーレーサーになれないことと同じだ。 人たちは、反復的とする行為は習慣化になるが、統制することができないことに向上はない。

習慣化に関してはこちら

目的ある練習とは、目標ーfeedbackのサイクル

破格のものだけが人気のあるアイデアではない。

逆に大衆に馴染みがないとそっぽを向かれてしまう。

MAYAの法則: Most Advanced Yet Acceptable(非常に先進的でありながら受け入れ可能なもの)

【デザイン】成功するデザインの法則「MAYA」
アメリカをデザインした男、レイモンド=ローウィは、成功するデザインの法則「MAYA」を編み出した。

スイートスポットが重要です。慣れているけど新しいと感じれる。それがスイートスポットです。

消費者を理解しないといいアイデアは出せない。消費者、大衆の理解はどうやったわかるのか?これから、 Creative Curve の4つのコツを紹介します。

創造力を鍛える4つのコツ

  1. 消費
  2. 模倣
  3. 創意的共同体
  4. 反復

第1法則:消費

シャワーの途中に出てくる天才のひらめきを望むなら、ある程度基礎が支えられなければならない。ハリー ∙ ポッターの作家J. K. ローリンは非常に多くの本を読んだ読書マニアだ。ここでは20%法則を説明する

ひらめきのメカニズム

ひらめきは、右脳から出てくると主張する。 人が意図的にアイデアを思いつきとするならば左脳だけを利用しようとしているが、意識的な状況では左脳の主張が強いため、右脳はあまり力を入れないと言う。 シャワーやラーニング中に突然閃きがして浮上している理由は右脳がいろいろな知識と経験を組み合わせて最高のアイデアを出すという。

20%法則 :起きている時間の20%は消費しなさい

大まかに24時間から8時間を睡眠時間を除いた16時間の20%は3時間ほどだ

毎日3時間は自分が属した分野に対する消費をしなさい。 本人がユーチューブなら本人のカテゴリーの映像を3時間ずつ見たり、作家なら、本を読むことだ。

消費を通じて大衆の理解と親しみを得ることができる

第2法則:模倣

本当に粘り強い考えはそれほど多くない。 独創性や創造性といっても実際は腕前のいいリミックスにすぎない

第3法則:創意的共同体

日本もそうだが、どの国でもよくある現象だが、特定業界は一ヵ所に集まっている。 米国のIT企業はシリコンバレーに集まっているのと同じだ。

創造的なアイデアは創造的な人々への質問からインスピレーションを得る。

質問しなさい! 本では本人は対話の30%程度だけ述べだという。

第4法則:反復

根気強く行動してこそ創造力を育てることができる。 1個の良質のアイデアは数えない試みから出ている。 人々はそれができず、到達できない。 成功した人グループの特徴は、IQが高いのではなく忍耐力の高い人だ

コメント

タイトルとURLをコピーしました