どうやって企画するか?企画する方法

企画する方法読書

本、 企画の定石 パク·シニョン

YouTubeの企画で頭が痛いので企画する方法の本を読みました。 やはりアウトプットします。本やその他のアウトプットは前に紹介していた20字まとめにします

読書 アウトプット、すべての知識を「20字」でまとめる

企画する方法とは?

理由と目的を把握して相手のニーズを満たす。

すなわちWHYから考えることです。相手のニーズは企画を見てくれる人の立場で企画書を買いましょう。

OOOを

何故しないといけない?

どうやってするの?

するとなにがいいの?

企画書をみる人の質問に答える内容を準備しなければいけない。

プレゼンテーションなら視聴者に得にならいといけないですね

何故あなたの企画を選ばなければならないのか?

相手にあなたのコンセプトは想像がつくか?

目標をコンセプトに入れ込む

コンセプトへ入れ込む6why

  1. why? → 意味ある
  2. why? → はやり
  3. why? → 私の話
  4. why? → 私と同感
  5. why? → 君のせいじゃない
  6. why? → これしかない

WHYだからWHATをする

説得するさいに理由を先に述べてから対応策を話す。人の情報はみんな同じではないです。しかし長く説明することはもっとわかりずくなるので、簡単明瞭に話す。

クリエイティブは反復の結果である

創意性はシャワー途中、突然トイレから突然出る場合が多々ある。 この本では無意識から出た結果だと説明します。 無意識は、脳の基底核から生まれる物質で、基底核は反復した習慣によって形成される脳の原初的な部分です。

知識を習慣的に蓄積する人は無意識的に積もった知識を組み合わせることができる能力が発生するようになります。 企画する法、コンセプトを作ること、無から有を創造を語る本で繰り返し語る内容があります。 それは、反復的にせよということなんです。 ここでは企画も100回以上はやってみるよなると言います。 SNSコンテンツも100個から始まりだという言葉もあります。 本をうまく書く人々は多作をしろということも同じだと思われます。

脳の好きなストーリーテリング5つ

  1. 数字 : 分かりやすい数字を使う。例)5gb→音楽1000曲
  2. 連結:相手がよくわかりやすい事とつなぐ
  3. 感性:感性を触る
  4. 比較:強調したい数値と特徴を他と比較
  5. 修辞:説明しずらい、wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました