ワーク ライフ バランス 実現させる問題点とは?

ワーク ライフ バランス 実現させる問題点とは?経済的な自由

ワーク ライフ バランスの意味としては仕事とライフすなわち余暇のバランスですが、日本verにすると仕事を減らせ!と感じたらいいですね。

ワーク ライフ バランスを手に握るためにはバランスといういい言葉の中で隠れている核心があります。

ワーク ライフ バランス 実現させる問題点

ワーク ライフ バランス 実現させる問題点

ワークリフバランスの問題点の核心は自分にあります。

ワークリフバランスは誰でも望んでいる世界ですが、誰でもかなえることでもないですね。達成する人とかなえない人の大きな差がありかなと考えてみました!

日本のワークリフバランスは?

  • 働き方改革の継続的な改善
  • 完全雇用に近い<2月の完全失業率2.4%>※コロナでだめになったが
  • 年上の認識改善

この3つの要素で日本はかなりうまく行ける感じです。ブラック企業はまだいっぱいあると思います。でもそれこと僕は話したいことであります。

ワーク ライフ バランスする方法

普通の会社員だっと仕事ばっかりさせない職場にいけばいいんです。簡単ですね?

ですがそれは自分が決めれない。といいましたら何もできることがないです。

言葉を変えるとご飯食べれるぐらい稼ぎ、仕事量を減らせばいいんです。

でも人間の欲張りはそれをゆるさん!

仕事は減らしても給与はあげたり今のままにしてください!

今の段階でワーク ライフ バランスするためには現実を知ること

ワーク ライフ バランスの現実

お金もちゃんと稼いて仕事もあんまりしないためには?

自分の能力を高めるしかないです。ごく簡単ですが、9割の人がやってない事です。

フランスや北ヨーロッパみたいに余裕に世界つしたいなら、自分の能力を磨き生産効率をあげる

ワーク ライフ バランスをかなえるためにはワーク ライフ バランスを捨てることもあります。

世界があなたを余裕にさせない

能力のない人は、能力のある人に見舞われ、時間を奪われるのが当然だ。

あなたが能力を売れないなら、時間を売らなければならないからです。 時間を売る人には決してワークライフバランスがあり得ないですよね。

働く改革で日6時間働くとしても、ある人には日3時間、ある人には週3時間働く人が存在します。 8時間と決められた時間を超えてしまうと、余暇がないというのは現在の基準に過ぎません。結局は相対的!今事故ではなく仕事やりすぎて死ぬ人いますかね?以前仕事がいやで自殺した人も労働で死ぬことはないと思います。精神的がダメージであり。

余暇を捨てる人は余暇を得る

結論的に努力する人々が余裕を持って生き、その努力をしなければならないということが私が言う経済的自由の必須条件です。

会社『だけ』熱心にすることは含まれない。 昇進して給料が上がるほど、余裕よりは仕事がもっと多くなるでしょう。

自分に与えられた仕事を一生懸命することは、良い報酬があり、奨励すべきことです。 ただそれを自分の余裕を得るために活用できなければ、その人は一生社畜として生きていくしかないことになります。

結論

本当にワークライフバランスを作りたいなら、余暇を捨てて自分だけのマネーシステムを作るために努めてください。 一生懸命することはいいですが、しっかりとした方向を探すことの方が大切かもしれません。

マネーシステムについての内容は私のブログの内容にもありますのでご参考ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました