パーソナルブランディングに何をすればいいのか

パーソナルブランディングマーケティング

パーソナルブランディングのため、なにをするか

20字 整理
相手のニーズと私の情熱を絶えず結合せよ。

本『人の心を動かす力』スティーブ·シムズ

この世になかったサービス”ブルーフィッシュ”の創業者。 彼は人々の夢をかなえてくれる会社”ブルーフィッシュ”を作った。 ロン・マスクとの出会いからバチカンでの結婚式、さらにはトランプとの食事の席まで不可能に近い要求もすべて成功させ、20年間業界で最高と認められる会社を運営してきた。
彼の話は”フォーブス”、”ニューヨークタイムズ”、”エンタープリナー”、CNBCなど数多くのメディアで特集された。 またハーバードMBA及びペンタゴンで基調演説家として重要な講演を行った。
メディアが彼の成功に注目する理由は、世の中に存在しなかった形態の会社を作り出したためだ。 従来のコンシェルジュサービスが、人々の便宜を高めることに過ぎなかったなら、”ブルーフィッシュ”は人々の夢をかなえてくれるディズニーランドだ。
彼は英国の貧しい町で生まれたレンガ職人だった. より良い人生を夢見た彼は、新しい仕事を求めて香港に行った。 そこで自分の人生を変える機会を得ることになる。 人々が希望するパーティーやイベントを企画することだった。 その時、人々が望むものが何かを把握し、依頼を成功させる方法を知るようになる。 それがブルーフィッシュサービスの始まりだ。 同書で彼は人の心を動かし、不可能に近いことを成功させることができた秘訣を公開する。
人々は私を”引き受けた仕事は何でも成し遂げる人”と呼びます。 それが20年の間、私が積み上げた信頼です。 私の原則は約束を守ることです。 簡単そうに見えますよね? でも、そうやってどれくらいの距離に進めるのか分かればびっくりしますよ。 約束を守ることができなかったらあなたはどんな信頼も与えることができないということを覚えておいてください。

スティーブ·シムズ著者紹介

誰に良いのか? 何を望むのか。 何をすべきか。

  • パーソナルブランディングをしたい人
  • どのようにして特別になるのか?
  • 私の本当の情熱を見つけろ。

なぜしなければならないのか。

  1. 与えることができることも能力だ。 お互いにウィンウィンするのが契約だ
  2. 安全を願えば成長もない。 何も出来ずに座り込んでしまう
  3. 成功は教科書も永遠の秘法もない。 絶えず挑戦しなければならない。

どうすれば良いか?

  1. 私の真の情熱を見つけなければならない。 いろいろな分野に足を踏み入れなさい
  2. 1日に1%ずつ成長して止まっていることが最も危険だ。
  3. 直ちに出来ることを考えよう

何をすべきか。

  1. 何かしなさい!  何でもやりなさい! 学ぶことがあるはずだ!
  2. 真心を尽くせ、そうすれば少しずつ成長する。
  3. 相手が望むことを突き止めるまで、最後まで聞け。最初の問いの答えは、真実ではない。

情熱はどうやって探すのか。

“パーソナルブランドは、私だけが可能であればあるほど、より価値が上がる。 世の中に特別な経験を提供する人ほど価値は増加する。 成功した人はいつも情熱を持って働く。 一般の人々は、”私は情熱がなくてできない”と言うが、本からも没入できる情熱を見つけることは難しいと言う。 絶えず何か挑戦する人が多くないからだ。 前文にも言及したが、人々は一つの職場に閉じこもっているのを好む。 当然のことだ。 人々は変化を恐れる。 快適さを失わないと、情熱は感じられない。

必ず探さなければならないのか。

選択肢は2種類のみ。 やるかやらないか、やらないかであなたを罵る人は誰もいない。 ただ、平凡な人生を生きるだけだ。 酷く今の状況が嫌だ。 退屈だ、と思う人はどうしても見つけるだろうと応援します。

挑戦しなくなった今の社会

皆さんが願う成功の HOW TO はない。

テスト100点取れば成功した人生になると本当にやさしいものだ。 簡単じゃないかな?
人々は挑戦するのを恐れる。 失敗する心を恐れるのは至極当然だ。 我々はそのように進化してきた。 すべての成功書籍の核心は、結局は自分だけの能力を発掘し、磨かなければならない”と話す。 私があえて断言しますが、AtoZはありません。

成功は常に動ける習慣にある

恋愛は失敗しても挑戦しているのに、なぜ他のことには挑戦しないのか?

恋愛と成功はまったく同じだ。 しながら増えることで悩みながら成長し、痛みながら成熟する。 恋愛失敗はいいと言うのにどうして他のことは失敗してはいけないと思うのか

恋愛ができない人は成功もできない。

人々は何を望んでいるのか。

分からない。絶えず聞かなくてはいけない。 聞いても多分人々は真実を語らないだろう。 人の真実を得るためには、絶えず聞き、息の音も集中して聞かなければならない。

人々と会話するのが嫌なら、SNSやインターネットにアクセスすること。 キーワードを検索量を分析してみなさい。 人々は自分自身を威信するため、常に嘘をつく。 それが匿名性が保障されたアンケート調査だとしても、

検索サイトではうそをつかない。

世界の人たちの真実を知っているのはグーグルだ。

反応を見る。

人々が反応しなければ、それは人々が望むことではない。 ただ私が言いたいことだ。 相手が望むものを提供するのがビジネスの原則だ。 そして、自分も望むものを得なければならない。 “win-winでないことは契約ではない”と本では言う。

必要な分だけわがままになれ

成功しない人々は錯覚する。 成功者達は、他人の為を優先すると語る。 自分が幸せになってこそ、他の人も幸せにしてあげることができると、大成功した人は、他人のために行動することに大きな価値を感じる人々だ。 人の顔色をうかがわずに情熱を燃やす、規則を破ってまでやり通す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました